悩む女性が多い膣のゆるみ|縮小手術を受けてモヤモヤを解消しよう

切開と縫合しない治療法

ヒップ

気軽に受けやすいレーザー

病院で行う膣縮小治療は何種類もありますが、膣のコンプレックスを抱える更年期世代の女性から根強く指示されているのはレーザー治療です。レーザーを頼る膣縮小治療が人気を集めている理由の1つは、治療したことがパートナーにばれにくいからです。例えばメスで切開、縫合を行う外科手術の場合、術後すぐにガードルで数日感圧迫しなければなりません。性交渉も1ヶ月以上禁止されますし、ダウンタイムも長いのでパートナーに「いつもと違う」と違和感を感じさせ気づかれてしまう恐れがあります。その点、レーザー治療は施術後3日後から性行為を行うことができますし、ダウンタイムも約3日と短いのが嬉しいメリットの1つです。施術時間もおよそ20分と短く、空いた時間を利用してパートナーに内緒で治療を受けることは難しくありません。

尿失禁は改善できます

閉経後、更年期の時期に突入した女性が病院で膣縮小治療を受けるケースが増えています。中でもレーザー治療はメスで切開、縫合しない手軽な治療法なので、とても人気があります。中高年世代が膣縮小治療を受ける目的の1つが、尿失禁トラブルを改善することです。膣の悩みはたくさんありますが、膣筋が衰えることでおしっこをおもらししやすくなるトラブルもよくあります。家族にも相談できずに辛い思いをしている女性が大勢いらっしゃいますが、膣の緩みが原因で起こる腹圧性尿失禁はレーザーで治療可能です。もし膀胱に問題がある切迫性尿失禁でも薬で治療できますし、いずれにしても普段と違う問題を抱えている時は病院で診て貰うのが一番です。