悩む女性が多い膣のゆるみ|縮小手術を受けてモヤモヤを解消しよう

エストロゲンを増やす薬

下を向く女性

ホルモンを補填する対策

エストロゲンを増やす効果のある薬を、膣縮小トラブル改善の目的で飲む女性が少なくありません。膣の違和感や乾燥、痒み、灼熱感、異臭を感じて膣縮小に気づくケースも珍しくありませんが、パートナーとの性行為の最中痛みを感じて変化を知るケースもよくあります。膣が縮小しているせいで流血する可能性もありますが、いずれにしても原因は加齢によるエストロゲン不足です。膣全体の老化が進み、萎縮してヒダも膨らみを失い、コラーゲンも足りなくなって縮小に拍車がかかることもあります。いずれにしても膣縮小は病院で治療できる症状なので、ご安心下さい。ほとんどの場合、エストロゲンを増やす薬を処方するホルモン補填治療が行われます。エストロゲンを含む市販薬も販売されています。

よくある加齢トラブル

膣縮小トラブルは、更年期を迎えた女性に多いコンプレックスの1つです。加齢の影響でエストロゲンが分泌されなくなると、膣も縮小し様々な不具合が生じるようになります。膣縮小は代表的な加齢トラブルで、同じ悩みを抱えている女性は大勢いますので安心して下さい。人に言いにくいみなので、「こんな思いをしているのは自分だけかも」と思いつめてしまいがちです。けれど年齢を重ねれば誰にでも起こる自然な現象だと理解し、前向きに捉えましょう。例えばエストロゲンを増やす食事を積極的に摂取することでも状態は改善可能です。深刻な場合、医療機関で治療を受けることになりますが、治療方法もたくさんあり幅広い選択肢の中から選ぶことができます。快適な状態に戻す方法はいくらでもあるので、悲観することはありません。